雑木帳

囲碁、読書、資格(英語・IT)についてのブログです

【合格体験記】LPIC Level1 - 101(Linux技術者認定試験)

スポンサーリンク

受験回数

  • 1回目

 

点数

  • 740/800

 

勉強時間

  • 40時間

 

参考にした本・サイト

  • ping-t
  • スピードマスター(白本)

 

勉強方法

  1. 白本を一通り読む
  2. ping-tをセクションごとに繰り返し、解説をきちんと読む
  3. ping-tを全て金にするまで繰り返す
  4. 白本を全て正解するまで繰り返す
  5. 白本の模擬試験で90%取れるまで繰り返す

 

感想

まずLinuxって何という方はこちらをご覧になってください。LIPCの試験を実施しているHPでLinuxの説明があります。

 

この試験は62%(500/800)取得すれば良いので、試験に受かるだけなら40時間も勉強しないで良かったと思います。

 

しかしながら、初めてLinuxのコマンドを勉強する・受験料が高く(¥15,000)失敗したくないとの思いからかなり余裕を持って勉強しました。

 

勉強の方法を紹介します。

勉強始めたては、一回白本を通して読んだのですが、全く知識がなかったためほとんどの言葉が呪文に見えました。

 

僕は文章を読んで知識を増やすことが苦手なためping-tを使用して、問題文と解答を結びつけることで言葉を覚えていきました。

 

すると、だんだんと言葉を覚えていき、言葉に対する理解も出来るようになっていきました。

 

そこまできたら、あとはping-tを問いて間違えたところの解答を読み、またping-tを解くという流れを、全ての問題が金になるまで繰り返しました。

 

この後に白本をやることで、以前理解できていなかった箇所が理解できます。また、ping-tで理解できていなかった箇所の理解が出来ます。

 

最後にping-tの模擬試験を繰り返すことで自信を持って試験に臨むことが出来ました。

 

次の目標

8月中にLPIC 102に合格

 

 

Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version4.0対応

Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version4.0対応