読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑木帳

役に立つ情報のまとめ、英語、囲碁、読書。

【自分の時間を取り戻そう】 生産性を上げるために、まずは自分の欲しいものを知ろう

スポンサーリンク

ちきりんさんの本「自分の時間を取り戻そう」を読みました。

この本は生産性を上げることの大切さについて書かれた本です。

「生産性の定義とは?」「生産性が高くなった社会ではどうなるのか?」「生産性が高いってイメージが悪くない?」「生産性を上げるにはどうしたらよいの?」などのことが分かりやすく書かれています。

「自分の欲しいものを知ることが、生産性を上げることにつながる」という章が一番なるほど!と思ったので紹介します。

人や状況よって生産性は異なる

ちきりんさんが旅で手に入れたいものは、「異国での新しい体験や珍しい見分」とのこと。

それを得るために、時間よりお金が希少だった学生時代はバックパッカー、あまり休みがとれなかった日本企業時代はパッケージ、休みもお金もあった外資系企業時代は現地の専用ガイドというように、その時の状況に合わせて自分が欲しいものを得るための一番生産性の高い方法を選択したということです。

もし現地の美味しいレストランでご飯を食べるのが目的というのであれば、グルメツアー、有名な観光地を見て回るのが目的ならば、観光ツアーが良いでしょう。

その人の価値観や状況に応じて生産性の高いことは異なるということです。

生産性を上げるために、まずは自分の欲しいものを知ろう

自分の価値観や状況を正しく理解できていないと、生産性を上げることが難しいということになります。

自分が欲しいものがわからないでだらだらとした努力を続けてしまったAさんの例を見てみましょう。

例えば、何となく将来が不安だから英語を勉強しようと言うAさん。日本ではTOEICの点数を持っていれば有利になるだろうと言うことで、TOEICの勉強をすることにしました。しかし、具体的にTOEICで何点を取ろうという目標もないので、インターネットの口コミでよさそうな英語の教材を色々試してみました。語彙力が足りないからと単語帳を買い、高校レベルで止まってしまっていた文法を勉強するために文法の本も買いました。長文も読めないといけないので、毎朝BBCのアプリを使用して英文も読みました。結果どうなったのかというと、TOEICの点数は全然伸びませんでした。

これはまさに僕が過去にやってきたことなのですが…。何となく英語を勉強しようというだけではなかなかTOEICの点数は伸びませんでした。しかし、700点を取ると決めてからは700点を取るための勉強に切り替えて達成することが出来ました。

自分が欲しいものを知ることで、生産性の高い行動をとることが出来るようになります。

定時に帰ることが一番大切という人は、仕事を定時内に終わらせるための行動を考えるようになります。仕事は定時に帰れないけれどもゲームをする時間は短くすることはできないという人は、ゲームをする時間を作るために以下にほかのことを短く終わらせることが出来るかを考えるようになるでしょう。

まとめ

生産性と自分の欲しいものが関係するのか良くわからなかったのですが、例を読んでいくと、なるほど!と思えるようになりました。そして、自分の生産性が低いのは自分の欲しいものが分かっていないからだと気が付くことが出来ました。

残業したくないのに、今日も何かわからないけど残業してしまった。と思っている人がいたら自分は何が欲しいのかもう一度考えてみるといいかもしれません。

自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう