雑木帳

役に立つ情報のまとめ、英語、囲碁、読書。

本屋に行くのは楽しい

スポンサーリンク

 

知識, 本, ライブラリ, メガネ, 教科書, 情報, 教育, 文学, スタック, 研究, 読み取り, 紙

 

Kindleを買ってからはほとんど電子書籍を買っています。すぐに読めるようになるし、紙よりも少し安いし、持ち運びも楽なので。

ただ先日、欲しい本がKindleで出ていなかったので、久しぶりに本屋に行きました。本屋をブラブラしながら本を探すのって楽しんだなぁと感じたので、理由を少し考えてみます。

 

 

目にする本の量の違い

本屋だと目的の本を探している間にも、沢山の本を目にすることが出来ます。本が置いてある場所に行くまでに自分が探しているジャンル以外の本を沢山目にしますし、置いてある場所に着いても同じジャンルの本を沢山目にすることが出来ます。

もちろんインターネットでも目的以外の本を目にしますが、その量は全然違うような気がします。僕がインターネットで電子書籍を購入するときには、欲しい本のタイトルで検索するか、または「この商品を買った人はこんな商品も買っています」の表示から他の本を見るだけ。検索するときに、意識的に部分一致検索をしたら、目にする本の量が変わるのかもしれないと思いますが。

ワクワク感

小さいころに自分の住んでいた所には小さい書店しかなかったので、初めて都内のビル全体が本屋になっている書店に行ったときにはとてもびっくりしました。新宿の紀伊国屋書店、池袋のジュンク堂、東京駅の丸善とか。それと同時に膨大な本の量に圧倒されて、とてもワクワクしたのを覚えています。

その時の感覚が残っているのでワクワクするのもありますし、その中から手に取りたくなる本に出会えるかもしれないワクワク感があります。表紙を見た瞬間にこの本を読みたいと思えるのは、書店でしか味わえない感覚のような気がします。

ちなみに最近出会って衝動買いした本です。 

翻訳できない世界のことば

翻訳できない世界のことば

 

 

自分で本を選ぶ感覚

最近本を買うときには、ほとんどレビューを参考にしてしまっています。インターネットで評判の良い本を探して、Amazonレビューでも評価が良いことを確認したら買うと。そのため、自分で本を選んでいませんでした。

それが、本屋だと自分で中身を確認して、良いと思ったら買うので、自分できちんと本を選んでいる感覚もあります。

また、実際に手に取ってみたら大判で読みにくそうだとか、中身を見たらとても読みやすいデザインだった、とかは実際に手に取ってみないと分からないです。

まとめ

私は本屋に行くことで、上記のようなことを感じました。人によってまた違った良さを見つけることが出来るかもしれませんので、本がある空間に行ってみるだけでもいいと思います。その良さは実査に足を運んでみないと分かりませんので、少し暇な時間が合ったら本屋さんに行ってみてはいかかでしょうか?

BRUTUS特別編集合本・本屋好き (マガジンハウスムック)

BRUTUS特別編集合本・本屋好き (マガジンハウスムック)