雑木帳

囲碁、読書、資格(英語・IT)についてのブログです

仕事に行きたくないと思っているあなたへ

スポンサーリンク

 

 

新入社員の方でもすでに会社に行きたくないと思い始めている人もいることでしょう。

僕は数年働いる今でも、学生時代のように朝はのんびり寝ていたいし、夜更かししたい、友達と平日の空いている時間に遊びたい。そんなことばかり考えて、あの頃はなんて自由だったんだと思うことがあります。

しかし、現実的に考えると生きていくにはお金が必要です。そのためには多くの人は会社に属して働きながらお金をもらうのでしょうから、とりあえず、でもいいので会社に行く必要があります。 

 

どんな時に嫌な気持ちになるのか?

毎日のように憂鬱な気持ちで起きて通勤電車に乗る、それだけでさらに憂鬱な気分になります。その上つまらない研修を一日中受ける毎日が続き・・・。会社に行く前にそんなことを考えるだけでうんざりした気持ちになってしまっていませんか?

しかしだ、しかしながら、考えているときにはあれほど嫌だと思っていたのに、実際に行ってみると考えていたよりもましだった、という経験は無いでしょうか?

僕はこういう経験を度々します。毎日会社に行くこと、前日に仕事がうまくいかずに残っていた時、会社の(つまらないと思っていた)行事がある時もそうです。だいたい自分が嫌だと思っていることで気分が落ち込んでしまうのは、実際にそれを行っているときではなくて、その前に考えているときが多いです。

 

考えるのを止める 

ということは、嫌なことを考えることをやめることが出来れば、自然と会社に行きたく無いと思うこともなくなる可能性があります。

最近、須藤元気さんの本を読んで書いてあったことがあります。

悩みや問題を解決するには「内的対話を止めること」※1

人間は毎日6~7万回の考え事をしているそうです。その中で、会社に行きたく無いと思っていると自分の思考が会社に行きたく無いという考えで固定されてきてしまいます。そうなると悪循環でさらに会社に行きたく無いという考えが大きくなってしまいます。

では、それを止めるにはどうすればいいのか?それは考えることをやめればいいのです。そんなの難しいではないかと思うでしょう、そんなことが出来ていたらやっていると。

須藤元気さんは3つの方法を紹介しています。

 

周りの人に口に出して言う

これは考える事をやめるということではありません。口に出して言うことで人から何かしらフィードバックをもらうことが出来て、その結果考え方が変わる可能性があるということです。自分一人では凝り固まった考えしかできなくなっている可能性があるので、人に考え方を変えてもらおうという作戦です。

 

瞑想をする

瞑想をすることで会社に行きたくないとか関係なしに、考えること自体を止めます。思考を停止することで心を落ち着かせることが出来るのだそうです。

 

50分歩く

3も同様です。なぜ50分なのかということは書いていませんが、須藤元気さんがそうだというのだからきっとそうなのだろうと思います。

僕は以前から、精神的にしんどいときにはとりあえず走るようにしています。そして、意識して何も考える余裕がなくなるくらいに力いっぱい走るようにしています。考えるのをやめるという点を考えると、この方法は自分に合ったいい方法だったのだろうと思います。

 

まとめ

みんながみんな上記で紹介した方法をする必要はないと思います。思考自体を停止する手段を紹介しましたが、瞑想なんて出来ないと思う人、50分散歩するのが苦痛に感じる人。そんな人は、自分が他のことをいっさいに忘れて没頭できるようなことを見つけることが出来ればいいのではないかと思います?そうすれば会社に行きたくないなどと考える余裕もなくなるはずです。

 

※1