読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑木帳

役に立つ情報のまとめ、英語、囲碁、読書。

【感想/囲碁】棋聖戦第5局 井山棋聖-山下九段

スポンサーリンク

棋聖戦5局目は山下九段の勝ちでしたね。戦いがすごすぎて正直よくわかりませんでしたが、その中でも自分なりにこう打つのかと勉強になったところを2点紹介します。

 

相手にも与える

1点目は白が▲に打った場面。白の陣地(赤丸)は3か所あるのに対して、黒は2か所。それも左側は小さいので、右側の大きな丸の箇所で出来るだけ大きい陣地を作りたいという場面です。

f:id:webb_bou:20140228211522p:plain

 

 

そこで次に黒は△の箇所に打ちました。

f:id:webb_bou:20140228211729p:plain

 

 

これの狙いを考えてみると、とても雑ですがこんな感じでしょうか。右側に白の陣地も増えていますが、真ん中に黒の陣地が付きそうですよね。相手に全然与えないなどと考えずに、相手にも与えるけど、結果的に自分の方が陣地が多くなっていればいいという考えなのかなと思います。

f:id:webb_bou:20140228212332p:plain

 

石をつながらせないようにする

2点目は白が▲に打った場面。図を見てみると、右の半分側は白石よりも黒石が多いのがわかると思います。囲碁は相手の陣地の中に自分の石が孤立しているといいことがあまりありません。なので白としては孤立している石同士の手をつなげようとしています(赤線)。

f:id:webb_bou:20140228213035p:plain

 

 

そこで黒は△の箇所に打ちました。白にはつながらせないという手です。このように自分の石が多いところでは、相手の石を分断することで優位に立つことができるチャンスになります。

f:id:webb_bou:20140228213306p:plain

 

 

その後しばらく進んで黒が△と打った場面です。黒の予定通り下の白石は右と左に分断されてます。黒の作戦が成功して、先に左上の白の陣地を減らすところに向かうことが出来たので、ここで黒の方が優勢になったのかなと思います。

f:id:webb_bou:20140228215023p:plain

 

このあとも振り替わりがあってよくわからなかったのですが、黒の勝ちとなり第6局も見れることに。次も楽しみです。