読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑木帳

日頃の考え、英語、囲碁のこと。

Udemyを始めてみました

 

オンライン学習サイトUdemyを始めてみました。2010年からあるサイトで日本はベネッセがパートナーとして運営しています。

 

コースの種類

ITに関するコースが多くなっており、特にWebアプリケーションに関してはHTML, CSS, Javascript, SQL, Linux, デザインとほとんど全て揃っているようです。

IT以外のコースも以下のように種類はいろいろあります。

f:id:webb_bou:20170314225519p:plain

 

 コースの内容

動画を見て学習するという形式です。私が申し込んだコースでは5分~20分ほどの動画になっていました。必要な資料がある場合には、ネット上から自由に閲覧またはダウンロードして使用する形です。

購入したコースを学習する際には以下のような画面です。

f:id:webb_bou:20170314230612p:plain

 

 良いところ

1. メイン画面上部には進捗が表示されるので(上図)、モチベーションの維持に役立ちそうです。

2. 動画の再生スピードを変更することが出来ます。

f:id:webb_bou:20170315213441p:plain

 

良くないところ

バージョンが更新されても動画の中の情報は更新されていないようです。また、資料のURLに飛ぼうと思ったらリンクが切れているということもありました。

 

まとめ

セールをやることが結構あるようで、私が購入したコースは、通常12600円のところ1800円で購入できました。本一冊買う金額で動画を見れるならとても安いですね。

また、動画一本の時間が短いのは通勤で見れたりするのでとても助かりますし、内容を忘れた際に見直すのにも便利ですね。

 

www.udemy.com

youtube動画をアップロードして、Google adsenseでお金を稼ぐことが出来ました

f:id:webb_bou:20170115215538p:plain

 

2016年度は、会社以外から収入を得たいと思いGoogle adsenseに登録をしてみました。本当はブログで収入を得たいと思い始めたのですが、収入を得るには程遠く。。

youtubeに動画を上げ始めてからは4か月くらいで8,000円を超え、初めて会社以外のお金を稼ぐことが出来ました。

しかしながら、お金を稼ぐということはなかなかに大変なことだったので、今までの過程を紹介しようと思います。

 

動画を上げる時に必要なこと・かかる時間

動画を上げるには以下のことをする必要があります。例として、15分ほどの動画を作成するときにかかった時間を記載します。

  • 録画:動画の元となる映像を録画する(約15分)
  • 動画編集:録画した映像から必要な部分を切り出し、編集をする(約15 5分 ※1)
  • 動画変換:アップロード出来る形式に変換をかける(約10分)
  • エンコード:動画をyoutubeにアップロードする(約5分)

今ではこれくらいの時間で出来るようになりましたが、始めたばかりの時にはやり方すらわからなかったのでえらい時間がかかりました。

今は時間の短縮をするために複数の動画をアップロードするようにしています。理由は、動画をアップロードするまでの作業ではそれぞれ待ち時間が発生しますので、その時間にほかの作業をすることで時間の短縮を図れるからです。

1本目の動画の動画変換・アップロードを行っている間に、2本目の動画の録画・動画編集をするといった形で作業をしています。

※1. 動画の編集では、毎回同じように使えるものをファイルに保存しておくことで、時間の短縮が出来ました。

 

初期時には時給換算で50円以下

初めて動画を上げるときには、録画の方法・動画の編集ソフトの準備・編集方法・変換方法と何も分からなかったので1動画を作成するのに半日くらいかかった記憶があります。

また、動画を上げたからと言って多くの人に見てもらえるという保証もありません。初めのうちは全然再生数も増えませんでした。

再生数が増えないということは、adsenseからもお金をもらうことが出来ません。そのため初めのうちは時給換算をすると100円を切っていたと思います。

今でもコツコツと動画を上げ続けているので、チャンネル登録者数が増えていたり、効率よく作業を行うことが出来るようになっているので、少しではありますが時給換算した額は上がってきています。

 

再生数を上げるための方法 【動画を上げ続ける】

それでもめげずに動画を上げ続けていると、少しずつ再生数が増えていきました。理由としては、動画を上げているとチャンネル登録をしてくれる人が出てきます。チャンネルに登録してくれると動画を見てもらえる可能性があがり、再生数が増えます。さらに再生数が増えるとyoutubeのおすすめにも表示されるようになり、さらに再生数が増えるという好循環が生まれます。

ただそこまでにするには相当の時間をかける必要があると思います。運よく爆発的に伸びる動画を上げられない限りは地道にチャンネル登録者数を増やす必要があると思います。

僕と同時期に動画を上げ始めたのにチャンネル登録者も動画の再生回数も何倍も多くなった方は、1か月以上毎日動画を3~5本上げ続けていました。またサムネイルのクオリティも高く、情報の更新速度も速い、仕事をしながら続けるのは相当な負担になるかと思います。ですから、自分のペースで出来る限りの範囲で継続すると良いと思います。

 

一度上げた動画は資産になる

 一度上げた動画は削除しない限り、ほんの少しずつでも視聴してもらえます。月に数回とかでも見てもらえるだけでうれしいものです。

少しでもその機会を増やすには、マイリストを作成したり、関連動画にリンクを貼るなどするとよいでしょう。

僕は、他の人の好きな動画があるときには、自分の動画にその動画のリンクを貼ることもします。自分の動画を見てくれた人がさらにいいと思える動画を見てくれたほうが嬉しいので。

 

最後に

おそらく初心者の方が動画を上げて、Google adsenseでお金を稼ぐというのは優しいことではないと思います。自分でやってみて、稼げるようになる前に諦めてしまう人も多いのかもしれないと思いました。

それでもやってみたいと思う人は、お金を稼ぐことを一番の目的にしないで他の目的を持って動画を上げてみるのがいいと思います。

「動画の編集スキルを身に着けたい」、「興味を持ってもらいたい」、「人を楽しませたい」、などなんでもよいと思います。

自分も楽しみながら、視聴者も楽しめたら一番よいのではないかと。

2016年 購入してよかったもの

 

2016年に購入したもので、買ってよかったものを紹介します。

 

アロマディフューザー

 部屋を居心地の良い空間にしたいと思い購入してみました。オイルが高いように思っていましたが、180分当たり約10円ととてもコスパもよいです。個人的には柑橘系のにおいがとてもリラックス出来ておすすめ。

 ドライヤー

母親の誕生日プレゼントで購入したのですが、軽い・早く乾く・熱くならない・しっとりする(気がする)ということで母親にはとても喜んでもらえました。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ピンク EH-NA28-P

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ピンク EH-NA28-P

 

キャリーケース

2016年は1週間ほどの出張に行くことが多かったので、新しくキャリーケースを買いました。選んだ理由は、ソフトケース・40リットルの容量(1週間の荷物)・見た目がカッコいい。ハードケースでは荷詰めでとても苦労した覚えがありますが、ソフトケースだと物をぼんぼんと入れていけるのでとても楽です。

 

2016年面白かったおすすめ本

まとめ

 2016年に読んだ本の中から面白かった本をジャンル別に上げようと思います。kindleの方がたくさんの本を購入したのですが、よく覚えているのは紙の本ばかりでした。

 

 文庫

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

 

又吉さんのお勧め本を紹介するという内容なのですが、一冊ごとに又吉さんのエピソードが書かれていてそれがとても面白いです。読書家の又吉さんがどのような本を勧めているのかを見るのも面白いですし、エピソードを読むだけでも楽しめる一冊です。

 新書

沢山のことを知っている人が教養のある人ではなく、知識もあるし自分で考えることが出来る人を教養のある人、と呼んでいます。そして自分で考えるためには「数値・ファクト・ロジック」で考えることが必要。 正しい教養を身に着けて、いろいろな人といろいろな話題で話したいものです。

仕事

ピープルウエア 第3版

ピープルウエア 第3版

 

人を大切にすることがいかにプロジェクト・会社にとって大切なことであるかを、改めて認識させてくれた本です。

 投資

バフェットからの手紙 第4版 (ウィザードブックシリーズ)

バフェットからの手紙 第4版 (ウィザードブックシリーズ)

 

バフェットの投資に対する考え方がまとめられている本です。600ページほどある本ですが、長期投資をしようと考えている人は一読してみると良いと思います。

その他

翻訳できない世界のことば

翻訳できない世界のことば

 

世界中の言葉の中から、ユニークな意味を持つ単語を紹介する本です。たった一つの単語にその国ならではのニュアンスが含まれていて、読んでいるとなんだかとてもいい気分になれます。

【勝負論】 常に結果を求められるからこそ、目先のことにこだわるのをやめる

読書

梅原さんは

「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」

としてギネスにも認定されている方で、

日本だけでなく世界的にも人気のある方です。

この動画は最も規模の大きい世界大会のもので、

6:15辺りの盛り上がり方を聞くと、

梅原さんを知らない人でもなんかすごい人なんだなと思うのではないかと思います。


EVO 2012 - Gamerbee vs. Daigo Umehara ...

 

プロとして常に結果が求められる中で、

「成長していることを実感する」

ことをモチベーションにしているそうです。

 

大会で結果を出すことをモチベーションにするのもいいのかもしれないけど、

継続して努力を続けるためには昨日できなかったことができるようになる、

それが大会での結果につながる。

 

のように書かれていて、

目の前に目標を立てるのもいいけど、

もっと大きな目標に向けて毎日努力することが大事だよね。

ってことなんだろうなと思いました。

 

ただ、成長する事ってのは簡単なことではなくて、

目先の結果にこだわって近道をしているだけでは、

いつか成長は止まってしまうので、

 

成長を続けるためには

基礎的なことを徹底的に疑って、

自分の物にしていくことが大切。

この過程は結果が出ないのですごくしんどいけど、

これを乗り越えた人とすっ飛ばした人では

のちのちに絶対差が出てくる

とのことでした。

 

目先の試験に合格する事だけ

を考えて勉強していた自分にはとても痛い言葉でした(苦笑)

 

最終的に自分の力となるものは、

こつこつと地道に努力した物である

と教えてくれるいい本です。

 

 

 

 

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)