読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑木帳

役に立つ情報のまとめ、英語、囲碁、読書。

人月は単純に交換可能でない

システム開発などで作業量を表す単位として『人月』という単位が使われます。

 

意味としては、1人が1ヶ月に出来る作業量を表しています。

 

例えば、10人月の作業があったとします。これを1人でやろうとすれば10ヶ月かかり、5人でやれば2ヶ月で終わるという感じです。

 

この説明を見ると、人月というのは『人を増やせば月を減らせる』ように思えます。その結果として、プロジェクトが遅れている場合に、人を増やせば良いという考えになりがちです。

 

しかしながら、人を増やすことで作業期間が予定通りに短縮されるということはあまりないのではないでしょうか。

 

人と人との関わりが少ない作業や、単純な作業の場合には、作業以外にかかる時間が少なくなるために、単純に人を増やせば期間を短縮することが出来るでしょう。

 

しかしながら、単純作業でない場合、例えば、システム開発におけるプログラムを書く作業にプロジェクトの途中から入る場合には、短縮出来ない可能性が高くなります。

 

理由としては、 プログラムのルールであったり、システムの仕様を理解するのにかかる時間や、メンバーが新規メンバーに教育をする時間がかかるためです。

 

新しく人を増やすことで必要になる時間が大きくなると、人を増やすことが必ずしもプラスになるとは限らなくなるのです。

 

したがって、人月で作業を見積もっていたとしても、人を増やす時には単純な作業だけでなく、人を増やすことによって生じる作業についても考える必要があります。

 

このことを考えずに単に人を増やすと、お金をかけて人を増やしても進捗が一向に良くならない、それどころか人を増やしたことでかかる金額が増えるため、予算を食いつぶすという結果になることがあるのです。

初心者がプログラミングを学べるサイト5選

 

僕自身プログラミング初心者です。モチベーションを保ちつつプログラミングを勉強するには、実際にソースコードを書きながら勉強する、もしくは動画を見ながら勉強するというのが自分には合っていました。いくつかいいサイトがありましたので紹介します。 

 

 

無料サイト 

Paiza

f:id:webb_bou:20170416093741p:plain

はじめてプログラミングの勉強のために使用したwebサイトがpaizaでした。

決められた入力に対して正しい出力をさせる問題があり、正しくプログラムを書くことが出来るようになります。

if文やfor文だけを使えばいい問題から、複雑な問題まで、ランク別に問題が分かれているため、自分のレベルにあった問題を解けますし、高いランクを解けるようになるとモチベーションも上がります。

その他にもWebアプリ、C#pythonの言語まで幅広く学ぶことが出来ます。

他のサイトと違って転職サイトを兼ねていて、スキルチェックの問題を解くと、ランク別に企業から通知が来るので、転職を考えている人にもおすすめです。

初心者でも楽しく学べるプログラミング入門サービス | paizaラーニング

 

 

Progate

f:id:webb_bou:20170416093131p:plain

実際に手を動かしながら学べるサイトです。動画を見るのも良いけど、ソースコードを書きたい!という言う人におすすめです。 

Progate | プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate[プロゲート]

 

ドットインストール

f:id:webb_bou:20170416093218p:plain

 

1本数分の動画で学べるサイトです。コースが細かく分かれているため、短い時間で一つのまとまった知識を得ることが出来ます。余りまとまった時間が取れないけど、プログラミングの勉強をしたいという人におすすめです。 

http://dotinstall.com/

 

W3Schools

f:id:webb_bou:20170421233720p:plain

英語のサイトですが、Webアプリケーションのクライアントサイドからサーバーサイドまで一対一でサンプルが載っているサイトです。サンプルではサイト上で自分でコードを書き換え、どのような動きをするかを確かめることも出来ます。

また情報が本当に細かく載っているため辞書代わりにも使えます。基礎知識から丁寧に学びたい人にはおススメです。

W3Schools Online Web Tutorials

 

有料サイト

Udemy

f:id:webb_bou:20170416093521p:plain

Online Courses - Anytime, Anywhere | Udemy

動画で学ぶサイトです。有料ですが、基本的なことから応用的なことまで様々なプログラムを学ぶことが出来ます。一定期間ごとにセールをやっており、1講座2000円くらいで受講することが出来るためセール期間を狙うのが良いと思います。

 

まとめ

初めにも書いた通り、僕は実際に書く、動画を見る、というのが勉強するときに合っていたので上記にはのサイトを紹介しました。勉強は続けることが大切ですので、自分に合ったサイトを探してみるのも良いと思います。

雰囲気の良い素材サイト7選

 

人のブログやWebサイトを見ている時に、オシャレな写真が貼ってあるとそれだけでもなんかいいなと思うことがありますよね。そこで自分もあんな感じの素材をブログ記事の先頭に貼りたいと思い、ブログを書くときに使えそうな何かいい雰囲気の素材があるサイトをまとめてみました。

 

Pixabay

f:id:webb_bou:20170413224013p:plain

・商用可 

人物・動物・自然など様々なジャンルの写真や素材があります。紹介した中では1番なんか良い感じの素材が多いと思います。

Free Images - Pixabay

 

 

Unsplash

f:id:webb_bou:20170413224131p:plain

・商用可 

風景や建物など色彩が強めできれいな写真が多いです。なんか良いというよりも、本気で綺麗だなと思える写真が多いです。ブログで使えるのも良いと思いますが、壁紙とか普段用で使うのもいいと思います。

Unsplash | Free High-Resolution Photos

 

 

GRATISOGRAPHY

f:id:webb_bou:20170413224438p:plain

↑の写真からも分かるように、ビビッドな感じの写真、またネタの感じの写真が多いです。もちろん雰囲気のいい写真もあります。

Gratisography: Free high-resolution photos

 

Freepik

f:id:webb_bou:20170413224603p:plain

ダウンロード無料のベクター画像、写真素材、PSD | Freepik

 

FOODIESFEED

f:id:webb_bou:20170413224715p:plain

世界中の食べ物の写真が掲載されています。純粋に美味しそうな写真も多くあります。世界各国の屋台など、現地の風景と食べ物の写真がとてもいい感じです。

FoodiesFeed - Free Food Pictures

 

PAKUTASO

f:id:webb_bou:20170413224828p:plain

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

 

blog.foto

f:id:webb_bou:20170413224919p:plain

ブログ素材のblog.フォト|ブログ画像素材 無料写真素材

はじめての人のための3000円投資生活

 

はじめての人のための3000円投資生活を読みまして、小額から投資を始めてみるのはいいことだと思ったので、本の内容と自分の考えをまとめてみようと思います。

 投資というとネガティブなイメージ

僕も細々と投資をやっていますが、周りの人に投資のイメージを聞くとネガティブな返答が返ってくることが多いです。

  • 「損をする。リスクが高い。」
  • 「元金がないと出来ない。」
  • 「素人が出来るものではない。難しそう。」
  • 「ギャンブルが好きな人がやること。」

 

投資を勧める理由

実際に株の売買をしてみて、損をすることもあるし、得をすることもあります。それでも投資をしようと思うのは、利率が0.001%の銀行にお金を預けるだけでは、お金は全く増えずにほとんどそのままの金額で預けられているだけだからです。

社会人1年目の時、早く会社をリタイアしたくてたまらなかった時に、お金を稼ぐ方法をインターネットで探していました。その中でも一般人で一番現実味がありそうだったのが、複利によって資産を増やすというものでした。

 

複利とは?

複利というのは以下の式で表されるものです。  (wikipedia "複利" より)

n 期末の元利合計(元金と利子を合わせた額)は、次式になる。
n 期末の元利合計 = 元金×(1+利率)n

これだと分かりにくいかもしれないので、実際に複利の計算をしてみます。例として、100万円のお金が10年後にどうなっているかを「利率0.01%」と「利率1.0%」の場合で計算してみました。(単位は万円)

f:id:webb_bou:20170405230653p:plain

表を見ると・・・

利率0.01%」の場合 10年後:100万1000円 

利率1.0%」の場合   10年後:110万4000円

比較すると、10万3000円の差が出ます。たかが1%かもしれないのですが複利として考えるととても大きな違いになります。Excelで計算表は簡単に作成できますので、いろいろなシミュレーションをしてみるといいと思います。

 

また、かの有名なアインシュタインの言葉として以下が残っているそうです。

人類最大の発明は複利

The most powerful force in the universe is compound interest.

 

基本は貯金

投資を始めるには、まず貯金をすることが基本となります。自分の生活を考えて最低限の貯金はするようにして、あまりのお金がある時に投資に回すというのが良いと思います。余裕がない中で投資をして損が出てしまったら精神的にとてもよくないですから。

理想は、今までと貯金する額は変えずに、無駄使いしていたお金を投資に回すことです。例えば、1000円のランチを800円にすれば月4000円/年48000円を投資に回すことが出来ます。

 

3000円から始めてみる

それでもデメリットが目についてしまう方もいると思います。そこで、この本の著者は以下のように勧めています。

3000円投資生活は「貯金をしながら、同時に投資も行う」

メインは、貯金にしながらも投資に慣れてもらうために、とりあえず月に3000円から投資を始めてみてはどうでしょうか?という提案をしています。

勧めているものは、手数料の安いバランス型のインデックス投資信託を買う、それだけとのこと。

投資信託ですので、株のように毎日株価とにらめっこする必要がありません。また、バランス型の投資信託というのは、日本と海外の株と債券をバランスよくパッケージされている商品ですので、例えば日本で株価が暴落しても、その他でカバーできるようになっていおり、株だけなどの投資よりもリスクが低いものになっております。

もちろん損をするリスクはありますが、投資をしるきっかけになればということで勧めています。

 

下記サイトには、投資信託を選ぶ基準が初心者でも分かりやすく書いてあります。

投資信託の賢い11の選び方と買ってはいけない8つの投信

 

最後に

最終的には自己責任になってしまいますので、やはり貯金が良いと思う方もいると思います。ただ月に3000円からでも投資は始められるんだということを知ってもらえるだけでもうれしいです。

 

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

 

 

Udemyで何でも勉強できる

 

オンライン学習サイトUdemyを始めてみました。2010年からあるサイトで日本はベネッセがパートナーとして運営しています。

 

コースの内容

動画を見て学習するという形式です。私が申し込んだコースでは5分~20分ほどの動画になっていました。必要な資料がある場合には、ネット上から自由に閲覧またはダウンロードして使用する形です。

購入したコースを学習する際には以下のような画面です。

f:id:webb_bou:20170314230612p:plain

 

コースの種類

ITに関するコースが多くなっており、特にWebアプリケーションに関してはHTML, CSS, Javascript, SQL, Linux, デザインとほとんど全て揃っているようです。

IT以外のコースも以下のように種類はいろいろあります。

f:id:webb_bou:20170314225519p:plain

 

 良いところ

1. メイン画面上部には進捗が表示されるので(上図)、モチベーションの維持に役立ちそうです。

2. 動画の再生スピードを変更することが出来ます。

3. これはコースによると思いますが、私が受講しているコースではかなり基礎的なことから動画が作られていますので、順番に動画を視聴して勉強していけば基礎的な力も付きます。

f:id:webb_bou:20170315213441p:plain

 

良くないところ

バージョンが更新されても動画の中の情報は更新されていないようです。また、資料のURLに飛ぼうと思ったらリンクが切れているということもありました。

 

まとめ

セールをやることが結構あるようで、私が購入したコースは、通常12600円のところ1800円で購入できました。本一冊買う金額で動画を見れるならとても安いですね。

また、動画一本の時間が短いのは通勤で見れたりするのでとても助かりますし、内容を忘れた際に見直すのにも便利ですね。

 

 【20170407追記】

セールの割引がさらに大きくなり、先日まで1800円だったものが1200円になっています。

www.udemy.com